「ドバイってチップ必要?」その疑問に私の経験と実例でお答えします。

「ドバイってチップ必要?」その疑問に私の経験と実例でお答えします。

海外に行くと多くの人が悩む「チップ」
払うべきか払わなくてもいいのか・・・チップの文化が無い日本人にとっては、本当に悩ましい問題です。

最近、「ドバイってチップは必要なの?」
という内容を個人的によく相談されます。

そこで、実際にドバイでチップは必要なのか?
私がドバイ滞在時に、どうしているのかを、「完全に私の主観と経験を踏まえ」てお伝えしていこうと思います。

ドバイのチップは支払う?支払わない?

結論から言うと

私は「一切支払ってません」

以上ッ!

別に無理して支払う必要はありません。
義務があるわけでもないし。
必要なら最初から織り込んでくれって思ってるんで。

確かに最初の頃はチップを払おうとしてました
ただ、全て受け取りを拒否されました

ホテルでは、欧米の様にベッドメイキング時に枕元やベッドのサイドテープルにチップを置いていたり、チェックイン時にポーターが荷物を客室まで運んでくれた時にチップを渡そうとしてましたが、そのまま手付かずで置いてあったり、丁重にお断りされました。

そういう経験があったので、ドバイでは支払う、というかチップの事を考えるのを止めました。そして、それに関して一度もトラブルになったことはありません。

スポンサーリンク

なぜチップを支払わなくてもいい?

それは「住人のほとんどが外国人の街」だからです。

ドバイは外国人が8割以上という多民族国家なので、違った文化や価値観の人々が集まっています。それに付け加えて、世界中から日々多くの旅行者が訪れています。

その様な背景があるので、全てを一括りに「○○だ」というのは無理があります。
特に、チップというのは「気持ち」の部分になりますので。

以上のことから、私は
「チップは無理に支払う必要はない」としてます。

私は「日本にはチップという文化はない」という事を貫いています。
(まぁ、支払いたいと思う様なクオリティのサービスを提供しないという話もあるけど)

それでいいです。
そんな小さな事で悩むのが無駄です。

なので、ドバイに訪れす旅行者は、その分、他のことを楽しんで下さい。

これが私の考えです。
だから、面倒なら「支払わない」でOKです。

飲食店に関するチップ

多分、旅先で一番チップに関して悩むのが、レストランなどの飲食時ではないでしょうか。私も経験上、ここで一番悩みました。

ドバイで飲食する場合のシチュエーションは以下になります。

モール内のフードコート
街中のレストラン
ホテル等のレストラン

それぞれのシチュエーションごとに、チップを支払うか否かを、詳しく説明していこうと思います。

モール内のフードコート

ここでは絶対にチップは不要です。支払う必要は全くありません。
逆に、お釣りの間違いがないか確認して下さい。たまぁ〜に間違えてる事もあったりします。

街中のレストラン

こちらも基本的にチップは不要です。
お釣りで貰った小銭がうっとうしい場合は、チップ代わりに置いておいてもいいかと思います。

ただ、シティーエリア以外の高級レストランは、ホテル等のレストランと同じく、サービスチャージが含まれている場合があります。その場合は勿論不要です。

ホテル等のレストラン

レストランでは既に「サービスチャージ」が入っている場合があるので、食事が終わり支払い時の明細を見て下さい。料金の支払総額の近くに表記されています(VATとは違います)。その場合はチップは不要です
「サービスチャージ」の表記がない場合でも、特に支払わなくてもいいです。

クレジットカードが使える飲食店は?

私は基本的にクレジットカードが使える場所では、全てカードで支払いをしています。

その関係もあり、チップを支払っていないというのもあります。
カード支払い時にチップのチャージ方法って知らないのもありますし・・・

ドバイでどの程度クレジットカードが使える場所があるかは、コチラの記事でまとめてありますので、よろしかったらご参照下さい。

それでもチップを支払いたいという人は

自由に支払って下さい。
額も自由でいいです。

ま、一応はチップの目安を書いておきますが、
小銭〜AED20程度までで十分かと思います。
(高級レストランなら〜AED200ぐらいかな)

旅行関連の雑誌を見たりすると、よく「表示料金の10〜15%ぐらいを支払う」と書かれてたりしますが、特にそのルールに則って支払わなければならないという事は無いです。

本当に「金額は気持ち」なのです
お釣りの端数をそのまま置いていったりしてもいいです。邪魔な小銭を置いていく程度でもいいです。金額にこだわりすぎる必要はないです

勿論、最高のサービスを受けて「本当に満足した!」という事でしたら、10〜15%にこだわらなく、チップをはずんであげればいいです

まとめ

何度も言いますが、
ドバイでチップの支払いは
「特に支払う必要はない」でOKです

いちいち面倒な事は考えない方がいいです。
それなら「チップは支払わない」とした方がいいです。

とは言うもの、本当にチップを支払わなくてもいいの?
と心配になるかも知れませんが、ドバイ在住者(勿論、日本人も含む)も特に支払って無かったので、その辺りはご心配なく。

ただ、
「サービスがめっちゃ良かった!」とか
「料理が美味しかった!」とか
「この子、かわいいorかっこいいな〜」とか

色んな理由で、提供されたサービスに凄く満足した場合は、気持ちよくチップを支払ってあげましょう
まぁ、そういう機会は少ないとは思いますが・・・

それよりも、旅行者は細かいことは考えずに、「ドバイを楽しむ!」を一番に考えて下さい。そして、帰国後に「ドバイ最高だったよ!」を伝えてくれるのが、この街に対する一番の「チップ」だと私は思います。

スポンサーリンク