ドバイホテル滞在記:ハイアット・リージェンシー・ドバイ・ディラ

ドバイホテル滞在記:ハイアット・リージェンシー・ドバイ・ディラ

ドバイの歴史ある5つ星ホテル

ドバイには無数のホテルがあります。その中でもこの「ハイアット・リージェンシー・ドバイ・デイラ」は老舗の部類に入るホテルです。
「老舗」と言っても決して古い感じは全く無く、むしろ昨今できたホテルよりもいい作りになっています(突貫工事で作った感がない)。
大手ホテルチェーン系という信頼感、老舗ながらの安定したサービス、ディラという場所柄の価格の安さ。これらのバランスが良いホテルの1つとなっています。

スポンサーリンク

ホテルの場所

場所はドバイ国際空港の西側(アラビア海側)となってます。ドバイ国際空港からタクシーで約20分もあればこれます。早朝や渋滞のない時間帯ならもっと早いです。
また、メトロ駅「Palm Deir」からも近いので、陽気がいい時期だとメトロでの移動もありです。スクリーンショット 2016-02-14 16.47.38このホテルは知らない人はいないぐらいに有名です。それはタクシードライバーに対してもです。
ただ、ドバイにはいくつものハイアット系のホテルがあります。しかも同じシティーエリアに「ハイアット・リージェンシー・◯◯」という名前のホテルがあるので、必ず「ディラ」と付け加えて告げるようにして下さい。

大概のタクシードライバーは「どっちのハイアット・リージェンシーか?」と聞いてくる場合がありますが、聞いてこない場合もあるかも知れませんので、忘れないように告げて下さい。
じゃないと「ここじゃないよ〜」となっちゃくかもしれませんよ。

※「ディラ」とまで伝えても「オールド・ハイアット?ニュー・ハイアット?」と聞かれる場合もあります。その場合「オールド」と言えばOKです。

白を基調とした開放感がるロビー周り

ホテルに到着。正面入り口から入ると入り口左側すぐのところにロビーがあります。
チェックインの手続きはスムーズでしたが、まだ客室の準備ができておらず、しばらく待つことに。

入り口すぐにあるロビーラウンジ。椰子の木が特徴的なラウンジは天井が高く開放的な雰囲気があります。ガンドゥーラを着た男性が「アラブの国」に来たと感じさせますね。

客室の準備ができるまで少々時間がかかるそうなので、ウェルカムドリンクを貰ってロビーラウンジでゆっくり過ごすことに。ロビーはゲスト用のWi-Fiが飛んでいるので、時間はあまり気になら無かったかな。小一時間ぐらいしたらスタッフが客室の準備ができたと呼びに来たので、さっそく客室へ移動。

客室へのエレベーターはロビーラウンジ奥の右側。写真はエレベーターホール手前からラウンジを見た様子。

シンプルで機能的な客室

客室は豪華さはないがシンプルで機能的。さすがは大手ホテルチェーン系のホテルといった感じですかね。広さも見た目以上にある感じです。
十分な広さがあるベッド。柔らかすぎる、固すぎずのイイ感じの感触です。
フライト直後だったので、横になったらそのまま寝てしまいそうなぐらいの気持ちよさだった。
1人がけ用のソファーは回転式。座り心地はまぁまぁですが、位置が位置なので、座ることはあまりなかったかな。
窓側からの客室の眺め。ゆったりできるソファーはありませんが、その代わりワークデスクがあります。
ワークデスクはビジネス向けに滞在した人や、PCで作業する旅行者に取ってはありがたいです。電源もすぐ脇にあるので、使い勝手は悪く無いです。
客室に備え付けの水は2本。夜に戻ってきたら、ベッド脇に新たに2本追加してくれてました。また、サービスに頼めば無料で水は追加してくれます。
バスルームはシャワールームとバスタブが独立しているタイプ。シャワールームは円形状で扉はスライド式。使用後のバスルームへの水漏れはありませんでした。
バスタブは結構大きいです。お湯を張って横になってもしっかり浸かる事ができますので、長いフライトや観光での1日の疲れをゆっくり癒すことができます。

客室からの眺め。アラビア海とディラの街並みが見渡せます。窓ガラスは開きませんが、一番右側の金属板が押し扉になっていますので、一応外気は取り入れることはできます。
メッカの方角をさすパネル。皆さん時間には忘れずお祈りをしましょう(笑)

レジデンス棟にはスーパーとスケートリンクが!?

このハイアット・リージェンシー・ドバイには、レジデンス棟の「ザ・ギャレリア・レジデンス」があります。
レジデンス棟ですが、普通に客室として利用できますので、グループで利用する場合は結構お得に使えます。こちらには日本人駐在員も多く住んでいます。

このレジデンス棟には「the galleria mall」というモールがあり、この中には24時間営業の小さなスーパーもあります。場所はホテル側のエントランスを入って右側(ほぼ正面)に入り口があります。
奥に入ると日本料理店があります。その右側の通路をずっと進んでいくと…
ちなみに、ここの日本料理店は割りと評判です。日本食が恋しくなっった方はドーゾ。
(個人的には海外に来て日本食は食べないたちなので、オススメしたくないですが)
何と、室内スケートリンクがあります!あるとは聞いていましたが、実際に見ると驚きです。まさか本当にあるとは(笑)スーパーはこの写真の正面一番奥。1階にあります。その他カフェ等もあります。
水や食材等必要最低限は揃っていますので、レジデンスに泊まり自炊する方にはありがたいと思います。
一応、日本の食材や調味料も結構あります。場所柄日本人駐在員御用達なのでね。

Wi-Fi等のネット環境と注意

Wi-Fiは宿泊客はロビーと客室、その他ゲストはロビーのみホテルWi-Fiが無料で使えます。

接続するとホテルWi-Fi接続案内に飛びますので、そこで必要事項を入力します。
言語はデバイスの言語設定に依存している様で、最初から日本語表示になってます。もし英語等の多言語表示になっていたら、画面上部の「日本語」を選んで下さい。

客室情報等を入力し「Connect」を選んだら接続手続き完了です。

速度は1.5Mbps制限になっていますので、ちょっと残念な速度ですね。
素直にetisalatのプリペイドSIMでテザリングした方がいいです。
ただ、体感的にはゲスト用より宿泊客用の方が速かったです。

もし、ロビーラウンジでゲスト用Wi-Fiにアクセスした場合、そちらの設定が優先されますので、一度「@Hyatt」を削除しデバイスを再起動した後に接続することをおすすめします。
理由は、最初に接続した方が優先されるみたいなので、宿泊客用のWi-Fiに接続している様で接続していないことになっています。

まとめ

ドバイにおいて老舗の部類に入る「ハイアット・リージェンシー・ドバイ・デイラ」
簡単に「条件が合う方・合わない方」を書いてみました。

【条件が合う方】
・手軽に5つ星ホテル
・大手ホテルチェーンという安心感。
・シティーエリアという場所柄の価格感。
・メトロ駅に徒歩圏内という便利な立地。
・スーパーが併設されている便利さ。
・ディープなドバイも気軽に楽しめる場所。

これらに惹かれる方は、いい選択肢となるはずです。

【条件が合わない方】
・ラグジュアリーなホテルライフを送りたい
・ショッピングをメインにしている
・セレブなリゾート感を満喫したい
・中心地へ気軽に行きたい

以上のような方にはおすすめはできません。
場所がシティーエリアの外れにあるので、ダウンタウン等の中心エリアに移動するにも、若干コストと時間がかかります。
また、リゾートホテルと言うよりビジネスユース向けに近いので、リゾート感は薄いです。

このホテルのコストパフォーマンスは、かなりいい部類に入ります。
勿論、ご自身の滞在目的がより明確なら、それに合わせた滞在先を選ぶのがマストだと思いますが、取り敢えず「お手頃価格で気軽にドバイを楽しみたい」という方には、このホテルはかなりいい選択肢となることは間違いないです。

「ハイアット・リージェンシー・ドバイ・ディラ」の料金一括比較はコチラ

スポンサーリンク