エリア別:ドバイで観光に便利なおすすめホテルのまとめ(ダウンタウンエリア編)

wpid-20151024013950.jpg

ドバイの「中心地」というべきエリア

世界一高い超高層ビル「ブルジュ・カリファ」
世界最大の噴水ショー「ドバイ・ファウンテン」
世界最大のショッピングモール「ドバイ・モール」

ここには世界最大級のモノが3つも集まっています。これがドバイの超弩級のエリア「ダウンタウンエリア」です。

他にも高級ホテルが立ち並び、高層階のマンションやアラビック様式溢れる低層階居住区はどれも人気があり高値。
更にエリア全体がまだまだ成長段階なので、今後どの様に成長していくかを見るのも、このエリアの楽しみの1つでしょう。

このエリアの最も特筆すべき事は、買い物好きにはたまらない場所という事です。

理由は簡単。世界最大の「ドバイ・モール」があるから。
ここはとにかくに広い。1日じゃ回りきれないぐらいに広く、一度行った店を再び訪れようとしても、あまりの大きさと店の多さに、場所が分からなく迷ってしまう事さえあります。

下手すると滞在中はドバイ・モールだけで終わってしまう可能性も十分にある。それぐらいに広くて内容も濃いモールです。

また、場所が比較的ドバイの中心という事で、他のエリアにもアクセスしやすい利点もあります。
シティーエリアにもビーチエリアにも近く。若干距離はありますがマリーナエリアも近いです。

ただ、このエリアは人気が高いので、年中通してホテルが高く、稼働率も高めなのが難点。

中心部かつ人気エリアなので、ホテルの数も多いが、人気のホテルはすぐに予約が埋まってしまうので、早めの行動が大切です。

ダウンタウンエリア

このエリアはブルジュ・カリファやドバイ・モールがある場所を「シーク・ムハンマド・ビン・ラシッド・ブルーバード」という通りが囲んでおり、個人的にその内側を「内周」外側を「外周」と呼んでます。
スクリーンショット-2015-09-24-20.58.10
内外周共にドバイ・モールまでは徒歩圏内となるが、屋外をどれだけ通らずに行けるかで便利さがかなり変わってきます。
また、車通の激しいドバイ中心部で道を横断するのとしないのでも変わってきます。
以上の事から、内側は当然価格が高く、外側に行くに連れ安くなっていきます。

最寄のメトロ駅は「Burj Khalifa」(以前の駅名は「Burj Khalifa/Dubai Mall」)。
ドバイ・モールとは歩く歩道付きの長い連絡通路で直結されてます。

ダウンタウンエリアのおすすめホテル

ダウンタウンエリアのおすすめホテル一覧
【内周】
アルマーニホテル ドバイ
ジ・アドレス・ダウンタウンドバイ
ザ・パレス・ダウンタウン・ドバイ
ジ・アドレス・ドバイモール
ラマダ・ダウンタウン・ドバイ(コンドミニアム)

【外周】
ヴィダ・ダウンタウンドバイ
マンジル・ダウンタウンドバイ

スポンサーリンク

内周エリアのおすすめホテル

アルマーニホテル・ドバイ(Armani Hotel Dubai)

このホテルは名前の通り、ファッションブランド「ジョルジオ・アルマーニ」が直接内装をプロデュースしているホテル。
モノトーンでまとめら統一感がある内装は、さすがと言っていいほどに上手く世界観が出ている。wpid-20151024013103.jpgwpid-20151024013206.jpg
客室には専用のバドラーが付き、あらゆる要望に応えてくれるだろう。
ホテルランクは5つ星。客室の広さは45㎡〜
客室の設備は全てiPadから管理できるので、ガジェット好きな人にはたまらないかもしれない。

客室からドバイ・ファウンテンが見ないなら、スイート以上の部屋にすることをオススメする。安い部屋だと残念なことになるだろう。

個人的に「部屋からファウンテンが眺めれる」という事でこのホテルを選ぶことは、止めた方がいい。理由は、それほどいい眺めではないからだ。
窓ガラスは砂埃で汚れがちで思ったより見栄えは良くなく、ブルジュ・カリファなのでバルコニーもなく窓も開かない。

むしろ、他のホテルから、ブルジュ・カリファと一緒に眺める方が見栄えはある。

「世界一の建造物「ブルジュ・カリファ」にいる!」感以外は、それほど得るものがないと個人的に思う。

ジ・アドレス・ダウンタウン・ドバイ(The Address Downtown Dubai)

ドバイ・ファウンテンの目の前にそびえ立つ白い大きなホテルで、このエリアで最も人気のあるホテルの1つが、この「ジ・アドレス・ダウンタウン・ドバイ」だ。
wpid-20151024013237.jpg
人気の理由は、ドバイ・モールとスーク・アルバハールにほぼ直結しており、ドバイ・ファウンテンの真正面にあるという最高のロケーションには誰もが頷ける。
客室から見下ろすドバイ・ファウンテンや、プールから眺めるブルジュ・カリファを楽しめるのは、このホテルを選んだ者の特権だろう。
ホテルランクは5つ星。客室の広さは50㎡〜
ホテルエリアとレジデンスエリアに分かれており、レジデンスエリアの客室にも滞在は可能。

おすすめの客室タイプは、どんなタイプであれ絶対に「ファウンテンビュー」の部屋だ。
ファウンテンとは反対側の客室はある程度リーズナブルにはなっているが、このホテルに宿泊するなら惜しまずファウンテンビューを選ぶべきだろう。それだけの価値は十分にある。

「この上なき特等席でファウンテンを楽しむ」
これを味わいたいのなら、このホテルは打って付けの滞在先になるだろう。

ジ・アドレス・ドバイ・モール(The Address Dubai Mall Hotel)

ドバイ・モールと直結している茶色い大きな円柱型のホテル。
完全に直結しているが、広いドバイ・モール内でどこでホテルと繋がってるかが分かりにくく、位置関係が分からないと彷徨うことになる。

ホテルランクは5つ星。客室の広さは45㎡〜
ホテルエリアとレジデンスエリアが分かれており、レジデンスエリアの客室にも滞在は可能。チェックインはフロントが別となっている。
wpid-20151024013306.jpg
このホテルは、同じドバイ・モールと(ほぼ)直結しているホテルの中で最もリーズナブルな価格設定となっている。
ブルジュ・カリファやドバイ・ファウンテンとは隣接しているので客室からの眺望を期待するが、ホテルの構造上と立地から正直あまり期待はできない。

客室のデザインも、特に目立った特徴もなく、よく言えば落ち着いている。悪く言えば地味。

「とにかく買い物が大好き!ドバイ・モールに頻繁に行き来したい」
という方なら、このホテルは上なく便利だろう。
そうでなくても、直結しているホテルは何かと便利だと個人的にも思う。

ザ・パレス・ダウンタウン・ドバイ(The Palace Downtown Dubai)

アラブの伝統的な様式をふんだんに盛り込んだホテルで、このエリアで最も人気のあるホテルの1つが、この「ザ・パレス・ダウンタウン・ドバイ」だ。
wpid-20151024013333.jpg
低層階ながら洗練されたアラビックホテルは、ブルジュ・カリファとドバイ・ファウンテンの目の前にあるので、客室からは最上級の景色が望める。また、併設されたスーク・アルバハールを通り抜けドバイ・モールまでほぼ直結という便利なロケーションも相まって非常に人気がある。

ホテルランクは5つ星。客室の広さは50㎡〜
オススメははやりファウンテンビューの客室だろう。客室の目の前で繰り広げられる噴水ショーは、正に圧巻。
逆に、静かな客室を望むのであれば、レイクビューを選び落ち着いた雰囲気でゆっくり過ごすのがいいだろう。

「ドバイで最もラグジュアリーで洗練されたアラビック様式のホテル」
これをお望みなら、このホテルは間違いなく最有力候補になるだろう。

ラマダ・ダウンタウン・ドバイ(Ramada Downtown Dubai)

高級レジデンス群が集まる「ブルジュ・レジデンス」
その2番棟を丸ごと一棟ホテルにしたのがこのホテルだ。

一見ホテルとは分かりづらく、知名度もあまり無いせいか、ホテルがある場所もタクシードライバーに伝えても分からない場合が多かったりする。
ホテルの雰囲気もドバイのホテルには似つかわしくなく至って簡素。エントランスやロビー周りも必要最低限といったとこだ。

だが、これだけネガティブな要素を伝えたが、客室に入れば全てが消し飛ぶだろう。

全ての客室がリビングとキッチン付きの客室で、一番小さな部屋(ジュニアスィート)でも広さは60㎡ある。
ホテルのすぐ隣の棟の1階にはスーパーがあるので、食材等の必要な物が手軽に揃えれる。

おすすめの客室タイプは、間違いなく「ファウンテンビュー」だ。
リビングからゆったり眺めるファウンテンは、他では味わえない優雅な気持ちにさせてくれるだろう。
wpid-20151024013441.jpg
このホテル最大の魅力は、コストパフォーマンスがずば抜けて高いとこだ。
これだけのロケーションと客室の広さながら、価格は驚くほどお値打ちで、特に2組のグループや家族旅行には打って付けの滞在先だろう。

以前は4ベッドルームの部屋設定が最大だったが、残念ながら今は2ベッドルームが最大となっている(尚、3ベッドルーム+メイドルームという構成の「ペントハウス」は基準が違うので除く)。

外周エリアのおすすめホテル

ヴィダ・ダウンタウンドバイ(Vida Downtown Dubai)
マンジル・ダウンタウン・ドバイ(Manzil Downtown Dubai )

「シーク・ムハンマド・ビン・ラシッド・ブルーバード」沿いにあるスタイリッシュなホテル。双方ともアラブ様式の建物と白を基調とした内装となっており、伝統的ながら非常にモダンな内装になっている。

外周エリアながら目の前が大通りなので視界を遮るものがなく、適度な距離があるのでブルジュ・カリファも無理なく眺められる。
ブルジュ・カリファが見える客室もいいが、中庭とプールを望むガーデンビューも客室では静かに過ごしたい方ならオススメ。特に夜になるとライトアップされ昼とは違った雰囲気が味わえる。

ドバイ・モールまでは徒歩約10分。スーク・アルバハールを通り抜けていけばもう少し早くいける。陽気のいい時期は問題ないが、夏場はさすがにキツイものがある。

ホテルランクは4つ星。客室の広さは32㎡~
他のダウンタウンエリアのホテルと比べると決して広くはないが、その分アットホームな雰囲気があり、小回りが利くサービスが期待できる。

人気エリアにあり価格も良心的で小回りの利くサービス。
ここは間違いなくコストパフォーマンスの高いホテルになるだろう。

ただ、このホテルの唯一にして最大の難点は、バスルームとの仕切りがガラスということだろう。
一人で利用する場合は問題ないが、カップルなど仲が良い2人なら問題はないが、家族で利用する場合はやはり気を使う。
(勿論、カーテンで目隠しはできる)

以上が、ドバイのシティーエリアにあるおすすめホテルでした。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)