「探し物が見つからないなら旅へ!」ANA公式HPの404エラーページがセンス良すぎる!!!

「探し物が見つからないなら旅へ!」ANA公式HPの404エラーページがセンス良すぎる!!!

インターネットを使っているひとなら誰しも一度は経験がある「404エラーページ」

「このページはありません」
「ご指定のページが見つかりません」
「404」

指定したURLが既に存在しない場合、この様なメッセージが画面上に表示されます。

この味気ないページ、いつ見てもガッカリしますよね、ホント。
特に、ただ「404」と表示されただけ表示されたときに感じる軽い絶望感は・・・私だけでしょうか?

色々と調べ物をしている時
やっと見つけたであろうサイト(orページ)
期待を込めて飛んでみると
「このページはありません」と・・・

ま、そんな感じで極力見たくないページNo.1ではないでしょうか?

でも、たった1度だけ
この「404」エラーページを「見てみたい!」
と思った事があります。

それがANAの公式HPの「404」ページです。

どこまでも広がる青い空

つい先日(って昨夜)、友人からこんな事を聞きました。

「ANAのHPのエラーページが話題になってるらしいよ」

と。さらに

「何か”この広い空な中から探しものを見つけるのは難しいですね。
何もかも忘れて旅に出ませんか?”と書かれB747が写ってるページ。」

と続きました。

何それ!?
めっちゃ気になるやん、ソレ。

夜遅かったけど、早速PC立ち上げてANAの公式HPへ
そして、適当なページに行ってURLの一部を変えてリターン

すると・・・

出た!!

スポンサーリンク

この広い空から

 「ページが見つかりません」

お探しのページは、移動または削除された可能性があります。

ここまではお約束の内容です。
で、以下の内容が続きます。

 どこまでも広がる青い空。
この広い空の中から探し物を見つけるのは難しいですね。

そんな時には何もかも忘れて空の旅に出かけませんか?

きっと新しい発見があなたを待っているはずです。

と・・・

そして、その下には
「国内の旅に出る」と「海外の旅に出る」の二種類にボタンがあり、
国内線と国際線への予約画面に飛ぶようになってます。

その背景には、広く澄んだ青空が広がり、
そこには今はなきB747の勇姿が!

「何このセンスの塊は!?」

見た瞬間、惚れました。

完全に、今まで見た一番の404エラーページと行っても過言ではないです。

探しモノを見つけるのは難しいですね

「404エラーページ」とは
通常Webサイトにアクセスした時に、リンク切れなど「サーバに対しリクエストを要求したページが存在しない」場合に表示されるエラーページです(「Not Found」とも表示されます)。

エラーのステータスコードが「404」で処理されているので、通称「404(エラー)ページ」と呼ばれています。

一般的に、ページがない場合、「ページがありません」と切り捨てるかのような内容になっています。(そりゃ、無いコンテンツに力注ぐより、有るコンテンツに力注いだ方が建設的ですしね)

ま、これはそのサイトの運営者の考え方も関係してくると思います。

私は「無駄な努力」
は個人的に嫌いではないです。
(「無意味な努力」は嫌いですが)

逆に、こういう「目に見えない箇所」に力を注ぐ、いわゆる「遊び心」があると、「おっ!」と思っちゃいます。

何もかも忘れて空の旅にでませんか?

私は特にANAを推している訳でもないですし、使っている訳でもないです。
行く方面とマイレージの関係で、完全にJAL派です。

アライアンスもワンワールド派です。
同じ路線にANAとJALが飛んでた場合、ほぼ100%JALを使います。

別にANAが嫌いなわけではありません。
単純にマイルの事を考えると、必然的にそうなるのです。

ただ、今回のこの404エラーページを見て

ふと久し振りに
「ANAに乗ってみようかな」

という衝動に駆られました。

確かにANAのサービスは秀逸です。

ちょっとした気遣いから、
Web上では書けないような驚きのサプライズまでありました。

本当に、世界に誇れるサービスだと個人的に思っています。

きっと新しい発見があなたを待っているはずです。

遊び心とメッセージ性を兼ね備えたANAの404ページ
このセンス、本当に凄いと思いました。

かつて世界の大空を悠然と飛び回ってた「B747」
かつて色んな方から利用されたウェブサイトのページ

今は役目を終えて、静かに表舞台から去りしB747
同じく今は役目を終えて、静かに表舞台から去りしページ

あなたの貴重な時間を使い、求めた「捜し物」
その捜し物が既に無かったら、あなたはどうしますか?

それまでの「旅」に固執しますか?
それとも、あらたな「旅」に出ますか?

同じ「何かを求める旅」

もし、この先に行き詰ったなら
新たな「旅」に出てみるのもイイかもしれませんね。

あなたはこの衝動に耐えれますか?

ANAの公式サイトはコチラ

スポンサーリンク