カサブランカ市内からムハンマド5世国際空港(CMN)まで電車で行く時のたった1つの注意点とは?

カサブランカ市内からムハンマド5世国際空港(CMN)まで電車で行く時のたった1つの注意点とは?

モロッコへ訪れた人の多くは移動手段として電車を使うことになるかと思います。

特にカサブランカ空港(CMN)〜カサブランカ市内の移動手段としては、割安感と安心感が伴って電車が最も有効な選択肢になります。

ただ、海外の電車は日本のような感覚で利用すると、痛い目に遭うことになります。

今回、以下の移動を電車で行いました。
「Aeroport Med V(空港)」から「Casa Voyageurs」へ
「Casa Voyageurs」から「Fes」へ
「Fes」から「Casa Port」へ
「Casa Port」から「Aeroport Med V(空港)」へ

この中でも、カサブランカ市内(Casa VoyageursやCasa Portなど)から空港へ行く時は注意が必要です。それは1つ間違えると、飛行機に間に合わなない恐れがあるぐらいに、とても重要なことです。

何が重要なのか?
順番に説明していこうと思います。

必ず「前の方」の車両に乗る事!

この一言に尽きます。
ホント、これは絶対です!

空港駅行きの電車に乗る場合は必ず前の方に乗って下さい。間違っても後ろの方には乗らないようにして下さい。理由は、空港駅から空港に入る時に「セキュリティーゲート」があるからです。

セキュリティーゲートは手荷物を赤外線に通し、1人ずつパスポートと搭乗券(もしくは搭乗が確認できるもの)を警察官(?)がチェックして、確認が取れれば空港内へと入ることができます。このゲートが1箇所だけなので、そこに人が殺到して長蛇の列ができ時間がかかる訳です。

電車の本数ですが、
カサブランカ市内→空港駅までの電車は1時間に1本です。
という事は、多くの人が乗っている事になります。
ゲートも1箇所で1人ずつ確認しているので、列の後ろの方に並ぶと必然的にかなりの時間がかかります。

なお、どちらが先頭なのかですが、Casa Voyageursの駅で例えると、駅舎を背にして左側が空港駅(Aeroport Med V)行きの先頭となります。 Casa Port駅の場合は一番駅舎から遠い方が先頭となります。

スポンサーリンク

空港駅について

空港駅から空港内へは厳しい事が分かった思います。
では、空港内から空港駅に行く場合はどうなのか?

実は何のチェックもなく簡単に出ることができます。
ただ、空港駅から空港に入るにはセキュリティーゲートを通る必要があるので注意が必要です。

もし空港内で何かしら買い揃えるものがあれば、それらが終わってから空港駅へと向かって下さい。なお、空港駅には小さな売店はありますが、簡単な食べ物やドリンク類しか売っていません。勿論、料金は高めです。

トイレもありますが、お世辞にもキレイとは言えませんので、空港内で済ませてから駅の方まで来ることをオススメします。

ちなみに、ここで50分ぐらい電車を待っていましたが、次の電車が到着する直前まで空港駅から空港内に入る列がありました。

1等車両と2等車両

モロッコの電車は1等車両と2等車両があります。
空港駅からカサブランカ市内までの電車は両車両とも自由席です。

一応、1等車両の方がスペースがあって座席もゆったりしています。2等車両は座席が狭く多くの人が乗っているので窮屈に感じます。

空港駅からカサブランカ市内の「Casa Voyageurs」までは約40分ですので、ゆったりと移動したいのなら1等車両、雰囲気を楽しみ地元民と交流したいのなら2等車両と言ったとこでしょう。

ちなみに、1等車両と2等車両の差額は僅か(数百円程度)ですので、好きな方を選べばいいと思います。

その時によって先頭が違う

モロッコの電車は、その時の電車によって1等車両の位置が違っていて、列車の前か後ろかは当日電車が来てみないと分かりません。

なので、1等車両が先頭(前方)のときもあれば、一番後ろの時もあります。
私が乗った時は、空港駅からCasa Voyageursに向かう時は後方、Casa Portから空港駅に向かう時は前方についていました。

確実に先頭車両もしくは前の方の車両に乗りたいという人は、2等車両に乗ることをオススメします。その方がフレキシブルに対応ができますので。

最後は「ダッシュ!」

もし「1等車両じゃなきゃ嫌だ!」という人
「すでに1等車両を買ってしまった」という人

当日自分が乗る電車の1等車両が前方だったらラッキーですが、もし後方だった場合・・・それでも決して諦めないで下さい。

攻略法をお伝えします。
それは以下の3つです。

1.必ず扉の一番前に陣取る
2.速やかに降車する
3.ダッシュ!

以上です。

では、具体的にどうようすればいいのか?
順番に説明していきます。

1.必ず扉の前に陣取る

まず、駅が近づいてきたら、荷物を持って扉の前に必ず陣取りましょう。外国人(特にアラブ圏の人)はとにかく多くの荷物を持っています。そんな人達が前にいるとなかなか降りられません。

人が動き出したり、Google Mapを見ながら「そろそろか」と思ったら、先ん出て動き1番先頭をキープするようにして下さい。

2.速やかに降車する

電車の出入り口には3段ぐらいのステップがあるので、荷物がある状態でいかに早く降りれるかにかかってきます。

これをスムーズにクリアすれば、逆にこれが味方をしてくれます。
コチラの人は結構体のデカイ人や大きな荷物を持っている人が多くいて、見てると確実に手間どっています。また、国民性もあり結構ゆっくりしている事もあります。

3.ダッシュ!

ダッシュして下さい!
諦めず、1人でも多くの人を追い抜かしてセキュリティーゲートまで進んで下さい。

2がスムーズにいっていれば、逆にそれらが味方して人も思ったよりも少ないと思います。同じく降車に手間取っている人がいるので、そいうい人たちを一気に抜きされます。

まとめ

空港(CMN)〜カサブランカ市内間までの移動は電車が便利です。

ただ唯一の難点は、空港駅から空港内に入る時の「セキュリティーゲート」です。ここをいかにスムーズに通れるか否が空港での余裕に繋がってきます。

余裕を持ちたいなら、
「電車の乗る位置」
「降車後にいかに早くここに到着するか」
が重要になってきます。

ただ、実はこれら以上に重要なことがあります。

それは・・・

「時間にゆとりを持つこと!」
これが一番の解決策であり、大切なことです。

日本の電車の様に時間に正確ではありません。海外では遅れるのは当たり前です。むしろ正確に時間通りに電車は来ない&出発しないと思って下さい。

なので、早めの行動を心がけるようにして下さい。

スポンサーリンク