ドバイホテル滞在記:シャングリラ・ホテル・ドバイ

ドバイホテル滞在記:シャングリラ・ホテル・ドバイ

多くのホテルが点在するドバイ。
当然ながら、大手ホテルグルームのホテルも多く進出しています。

Marriott
SPG
Hyatt
Hilton
InterContinental
AccorhHotels

それ以外にも多くのグループのホテルがドバイにはあります。

その多くのホテルの中でも、大手ホテルグループの5つ星ホテルでありながら、比較的お値打ちに泊まれるホテルの1つに、実は「シャングリラ・ホテル・ドバイ」が挙げられます。

立地もドバイの中心エリア「ダウンタウン」にありながら、何故このホテルがリーズナブルに泊まれるのか?

今回は「シャングリラ・ホテル・ドバイ」をお伝えしていきます。

絶妙な「立地」


ドバイで一番の大通り「シェイク・ザーイド・ロード」
この大通り沿いにはいくつかのホテルが立ち並び、その中には大手ホテルグループのホテルも多くあります。

その中でも、「最もダウンタウンの中心地に近く」で、「名の知れた大手ホテル」で、「5つ星」と言ったら、この「シャングリラ・ホテル・ドバイ」が挙げられます。

このような好条件のホテルなのに、なぜリーズナブルと言えるのか?

それはこのホテルの「立地」に関係してきます。
このシャングリラ・ホテル・ドバイがある場所は、ドバイで最も人気があるエリア「ダウンタウン」ですが、中心地(ブルジュ・カリファやドバイ・モールがある場所)より、たった1本大通りを隔てているので、比較的リーズナブルな価格になる訳です。

宿泊料金以外にも、メトロ駅「フィナンシャル・センター」に徒歩で行けるという立地もこのホテルの魅力の1つです。アクティブかつリーズナブルに行動したいという人にとってありがたい存在と言えます。

スポンサーリンク

エントランス

ホテルに到着すると、ドアマンがタクシーの扉を開けてくれ荷物も下ろしてくれます。

ホテルのエントランスは意外と簡素で、陽射しを遮る屋根もない(あるけど格子状なので日よけにはならない)ので、パッと見の豪華さはあまり感じないかもしれません。

なお、タクシーが必要な時はドアマンかスタッフに声をかけて下さい。
タクシーがいなさそうでも近くに待機している事が多いので、いれば入口まで回してくれます。

中に入ると「鮮やかな白い空間」が目に入ってきます。
吹き抜けはとても天井が高く、ところどころに散りばめられている鮮やかな青、赤、ゴールドの色は全く嫌味がなく、むしろ彩りを演出する欠かせない存在として配色されています。

チェックインはエントランスホール左側のカウンター、右側はレストラン、正面が客室階へのエレベーターとなっています。
チェックインのフロントはエントランスホール左側にあります。
ゴールドのカウンターが何ともきらびやかですね。

荷物を運んでくれたスタッフがチェックインを告げると、手際よく手続きを行ってくれ程なくして終わりました。

フロントのすぐ向かいがロビーラウンジとなっています。
2階から見たロビーラウンジの様子はこちら。ゆったり目のソファーに採光性が高い開放的なラウンジとなっています。

エントランスホール右側はゴールドの丸い壁(衝立て?)がありますが、ここはレストランになっていて、朝食はこちらで食べれます。
客室階へのエレベーターはエントランスホールの正面にあります。

ここからさっそく客室へ行ってみようと思います。

客室

客室階へ到着。エレベーターホールはベージュとブラウンの落ち着いた配色になっています。また、客室へ向かう廊下側がガラス張りになっているので、そちらから入る光で全体的に明るかったです。
なお、エレベーターホールはガラス張りになって明るいですが、客室までの廊下は両側に客室あるので、ここまでは明るくないです。

廊下を進み客室に到着。
さっそくカードキーで中に入ります。

入ると中は小さなホールいなっていて、左側にバスルーム、右側にクローゼット、奥にベッドルームがありました。
奥に入ってみると、手前がリビングスペースに奥がベッドスペースの広い客室が広がっていて、正直、思った以上の広さで驚きました。
客室の広さ:68㎡
客室タイプ:Exective Studio
ホテルグレード:5つ星

シャングリラ・ドバイはホテルタイプの客室と、アパートメントタイプの客室があります。今回利用したのはアパートメントタイプの客室です。

アパートメントの客室の利点としては、広くてキッチンが付いていることです。
今回はこのアパートメントタイプの客室の方がホテルタイプより安かったので、迷わずこちらを選びました。

普通のStudioルームはもう少しコンパクトな客室になってます。

ベッドはキングサイズ。
部屋が広いので見た目は小さく見えますが、横幅はしっかりキングサイズでした。

ただ残念なのは、ベッド周りに空いてるコンセントがないことです。使うにはサイドテーブルに乗っているライトのコンセントを抜いて利用するしかありません。隣のリビングスペースにもコンセントがないので、ここから引っ張ってく以外選択はないです。

客室の中央はリビングスペースとなっていて3人がけソファーがあります。3人がけなのでゆったりと座ることができます。

また、ソファーの前にあるテーブルの上にフルーツたあります。これはウェルカムフルーツですので遠慮なく頂いて下さい。
窓側から見た客室の様子。ベッドスペースとリビングスペースの間ぐらいにテレビがあり、入口側にはデスクと簡易キッチンがあります。

何か客室中央にスペースの無駄な空きがあるのが気になるのは私だけでしょうか?

ベッドルームにあるデスク。奥行きも横幅もあるデスクです。天板の上にはコンセントはなく、デスクの裏側下にありました。個人的にはあまり使い勝手は良くはなかったです。

こちらは簡易キッチン。電子レンジと流し台がついてます。
あくまでも簡易的なものですので、コンロとかはついていません。
入口の左側にあるバスルーム。
トイレとシャワーは個別にはないっていないタイプです。

洗面台とトイレ周り。
洗面台は1つで若干レトロな台がついてます。

こうやって見ると、バスルームのデザイン的に結構古い感じの作りのような気がします。勿論、手入れは行き届いていてキレイなので問題はありません。

バスタブはこちら。横幅の広さは結構ありますが、縦の長さはバスタブの縁が緩やかに傾斜しているので。身長170cm程度の人がもたれてゆっくり浸るには十分な広さがあります。

入口右側のクローゼット。中央に鏡があり左右に収納スペースがあります。
写真では分かりにくいですが、収納の容量は左右合わせると十分な量になると思います。

客室からの眺め。アラビア湾が見えるので、残念ながらブルジュ・カリファが見える方向ではありません。この客室にはバルコニーはありません。

よーく見ると、「ザ・ワールド」が見えます。
ちょうど空と海との境界線辺りにある、白っぽい砂地がザ・ワールドですね。

Wi-Fi

宿泊者は無料でWi-Fiが使えます。

接続方法はチェックイン時に教えてもらえますが、スタッフが伝え忘れている場合もよくあるので、お伝えしておきます。ただ、シャングリラの場合、本当に簡単なので教えて貰えなくてもできます。

ホテルのWi-Fiに接続すると、接続案内に飛びます。

シャングリラのWi-Fi接続画面は英語ですが内容は簡単ですが、内容が何も分からなくても問題ありません。

下の写真の左側中央下の「I Agree」をタップすればOKです。
それだけでWi-Fi接続が完了します。とても簡単ですね。

Wi-Fiの速度に関しては、特に速度制限等の表記はありませんでしたので、実際にどれぐらいの回線速度なのかを測定してみました。

速度はそれほど問題ない速さだと思います。
普通に使う分には問題はない速度ではないでしょうか。

実際に使ってみた感覚では、特に不自由なく利用できました。動画も快適に再生できました。

朝食

朝食は1階エントランスホール右側のレストランで食べることができます。

朝食はビュッフェスタイルとなってます。
座席数はそれほど広くはないので、こちらで食べる場合は早めか逆に遅めに朝食に行くことをオススメします。

他のレストランでも食べることができると思いますが、私は滞在中はここでしか食べていないので、その他は分かりません。
料理の方ですが、座席数とは逆に種類は結構ありましたので、これは結構嬉しいですね。

座席側のすぐ近い場所にパン類やペイストリーが集められています。
料理が置いてある方の入口には、小瓶に入ったヨーグルト、燻製類、野菜やフムス類があります。

裏側には主にフルーツ類があります。生のカットフルーツとシロップ漬けのフルーツがあり、真ん中にはヨーグルトがあります。

その向かいの壁側にはチーズ類とシリアル類があります。はちみつは巣蜜入りのものです。

こちらのブースは全て温かい料理が置かれています。
グリル系の料理とカレー類があり、後は卵料理を作ってくれるコーナーもあります。

手前から順に、焼き上がったパンケーキとグリル系の温かい料理。パンケーキは並んでない時はオーダーすれば焼き立てを作ってくれますので、無いときを見計らって行って下さい。勿論「作って〜」といえば作ってはくれると思いますが。
奥には卵料理を作ってくれるブースがあり、その他にもベーコンやカレー類など温かい料理も置いてあります。

話変わりますが、外国人って卵料理に関してはやたらウルサイと思いませんか?結構いい加減なくせして、卵の焼き方だけはやたら厳しく「作り直せ!」とか言ってるのを見たりしますし。

こちらでは、温かい麺類を作って提供してくれます。スタッフに麺の種類とトッピングにどれを入れるかを伝えてると作ってくれます。

麺類コーナーの裏側には生ジュースがあります。こちらは一部日替わりで置いてある種類が変わりますので、どんな種類があるかは気になる人は見てみて下さい。

料理の種類はバランスがよく揃ってますが、ここの朝食で一番驚いたと言うか、他のホテルを圧倒しているものと言ったら、それは「パンケーキのトッピングの多さ」でしょう。

これ全てパンケーキのトッピングです!かなり多いです!こんなに多いのは今まで見たことありません。

こんなに多いと何かテンション上がりますね。別に食べる食べないはさておき。

とか言いながら、自分も作ってもらいました(笑)

でも、必要以上に乗せる気はなかったので、フツーの選択になってますけど・・・

私が滞在中には7時台と10時台に朝食を食べに来ましたが、7時台は全然余裕でしたが、10時台は人は結構いましたが待つことなく案内されました。

まとめ


ドバイ旅行の際に選ぶホテルの条件は人それぞれです。
その中でも、以下の条件を挙げる人はいると思います。

「エリアはダウンタウン」
「5つ星ホテル」
「ドバイ・モール近く」
「メトロ駅近く」
「有名なホテル」
「できるだけ安く」

正直、これらの条件を満たせるホテルは、なかなかダウンタウンにはありません。その中でもシャングリラ・ホテル・ドバイは数少ない「条件を満たせれるホテル」ではないかと思います。

こうやって見ると、以前紹介した「デュシタニ・ドバイ」と同じような特徴を持つホテルになっている感じがしますが、それは違います。

シャングリラ・ホテル・ドバイの方がクオリティも安心感も価格も高いです。

また、ダウンタウンの中心地に建てられているホテルはどれも比較的新しいですが、その中でもシャングリラ・ホテル・ドバイはダウンタウンというエリアができる前から開業している、経験も豊富なホテルと呼んでも差し支えないでしょう。

その上、大手ホテルグルームの安定感あるサービスがあるので、安心して滞在することができます。

「シャングリラ・ホテル・ドバイ」の料金一括比較はコチラ

スポンサーリンク