エリア別:ドバイで観光に便利なおすすめホテルのまとめ(ビーチエリア編)

エリア別:ドバイで観光に便利なおすすめホテルのまとめ(ビーチエリア編)

ドバイを分ける特徴的な4つのエリア
その中で最も高級志向が高いエリアが、このビーチエリアになります。

ここでは、このエリアの簡単な説明とオススメのホテルをお伝えしていきます。

ドバイ有数の高級エリア

ドバイの西側の地域で、ヤシの木の形をした人工島「パーム・シュメイラ」から人工運河「ドバイ・ウォーター・キャナル」までのアラビア湾に面したエリアが「ビーチエリア」になります。

高級住宅街として有名なこの地区は、多くのお金持ちが住んでいいます。そういう土地柄もあり、アラビア海に面した美しいビーチ沿いには、世界屈指の七つ星ホテル「バージュ・アル・アラブ」を筆頭にドバイ屈指の高級リゾートホテルが建つ、ドバイで最もラグジュアリーなエリアと言えます。

日常の喧騒を離れ優雅なひと時を味わい、身も心もリフレッシュしたいなら、このエリアを選んで間違いはないだろう。

スポンサーリンク

ビーチ・エリアのホテルについて

このエリアにあるホテルでは、一切の日常の煩忙を忘れ、身も心も優雅な時間を過ごせる贅沢な「非日常の至極の空間」が、ふんだんに盛り込まれています。

当然ながら、ホテルの価格帯もドバイで最も高価となりますが、最も「日常」を忘れさせる素敵な場所ともなってるので、存分に「ドバイでセレブなホテルライフを楽しみたい!」という願いを叶えてくれるでしょう。

このエリアのホテルの唯一の難点は、メトロを使うには若干不便なのが難点です。
ただ、このエリアのホテルからは、メトロが直結している最寄の巨大モール「モール・オブ・ジ・エミレーツ」まで無料のシャトルバスが出ているので、それを利用するのも1つの手です。

行きは無料シャトルバスでモール・オブ・ジ・エミレーツまで行き、そこからメトロを使い移動し、楽しみ疲れた帰りはタクシーでホテルまで帰ってくるというパターンがオススメです。

また、各所からメトロで「モール・オブ・ジ・エミレーツ」のメトロ駅まで来て、ここからモール内のタクシー乗り場からタクシーでホテルまで行くという事もできます。但し、タクシー乗り場は混んでることもあるので、ご注意下さい。

ビーチエリアのおすすめホテル

私がオススメするビーチエリアのホテル一覧です。
これらのホテルの簡単な説明とポイントを順番にお伝えしていきます。

バージュ・アル・アラブ
ジュメイラ・ビーチ・ホテル
ジュメイラ・ミナ・アッサラム
ジュメイラ・アル・カスル
ジュメイラ・ダル・アル・マシャフ
ジュメイラ・アル・ナシーム・ホテル

なお、ミナ・アッサラム、アル・カスル、ダル・アル・マシャフの3つのホテルは「マディナ・ジュメイラ内にあるホテル」として位置づけて一括りにしてあります。

ブルジュ・アル・アラブ

jumeirah.comより引用


ドバイで最も有名な7つ星ホテル。
アラビア湾のプライベートアイランドに建てられ、「帆」をモチーフにした白い半月型の巨大な姿は、ドバイを知らない人でも一度は何かで目にしているぐらい特徴的で象徴的なホテルです。

※日本語での表記は「バージュ・アル・アラブ」が多いですが、実際の現地での呼び方は「ブルジュ・アル・アラブ」(“アル”を省略したりもします)ですので、その様に呼ぶことをオススメします。
私は「ブルジュ・アラブ」と基本呼んでます。

ホテルクラス:5つ星
部屋の広さ:170㎡〜

公式的なホテルクラスは5つ星です(5つ星以上は存在しません)が、あまりの豪華さから「7つ星」と称され、その様に世の中では通っています。「7つ星」のホテルは、現時点で同じUAEのアブダビにある「エミレーツ・パレス」とこのブルジュ・アル・アラブの2つのみです。

正面玄関にずらりと並ぶ超高級車。
あらゆる場所が純金でコーティングされている内装。
客室は全室超高級スイート。
アメニティーは全てエルメス。
ドバイ国際空港への送迎はロールスロイス。
専用ヘリコプターからチェックイン可能。
24時間体制の専属バトラー(執事)付き。
あらゆる要望を叶えてくれるコンシェルジュ。

客室は全てアラビア湾ビューのメゾネットタイプで、最低ランクの客室タイプでも「1ベッドルーム・スイート」なので、物凄く広いです。1人で泊まるのは勿論のこと、2人で泊まってもあり余るほどの広さです。

ただ、残念な事に、誰にでもオススメできるホテルではありません。
豪華すぎて落ち着かない人にはは向かないかもしれません。確かに「金・赤・青」の原色バリバリの客室は好みが別れるでしょうね。

逆に、「ドバイで最上級のセレブな体験をしたい!」という人なら、ドバイにおいてこれ以上ないと言っても過言ではない最上級ホテルは、間違いなく「ブルジュ・アル・アラブ」です。

「ドバイの7つ星ホテルに泊まったよ!」
と言えば、注目の的になること間違いないホテルです。

ブルジュ・アル・アラブの宿泊料金一括比較はコチラ

ジュメイラ・ビーチ・ホテル


バージュ・アル・アラブの右側に位置するドバイの象徴的なホテルの1つ。
このホテルはバージュ・アル・アラブとデザインが「対」になっていて、バージュ・アル・アラブが「帆」をモチーフにしているのに対し、ジュメイラ・ビーチ・ホテルは「波」をモチーフにして建てられています。

ホテルクラス:5つ星
部屋の広さ:50㎡〜

ホテル内は清涼感があり「ゴージャスながらも落ち着きがある雰囲気」にデザインに統一されており、採光性も高く自然な明るさに溢れています。
その自然な明るさと相まって、清涼感があるデザインをより引き出しています。それが「ゴージャスながらも落ち着きがある雰囲気」をより一層引き出し、開放感がある高級リゾートホテルを演出してます。

全部屋シービューの客室は窓が全面ガラス張りで採光性は抜群。自然光で明るく爽やかな印象があります。インテリアもゴージャスですが派手すぎなくて良いです。
基本的にバルコニーがついていない客室が多く、もしバルコニー付きの客室が希望なら、同グレードでも若干高めの客室を選ぶ必要があります。

併設するウォーターパーク「ワイルド・ワディ」には宿泊客は無料で無制限に利用できるので、お子様連れファミリーにはありがたいサービスです。勿論、大人でも楽しめます。
(ワイルド・ワディの料金は身長110㎝未満:AED284、オンライン購入:AED283.5。身長110㎝以上:AED336、オンライン購入:AED231)

家族で気軽に高級リゾートを体験するなら、このホテルは間違いなくオススメです。

ジュメイラ・ビーチ・ホテルの宿泊料金一括比較はコチラ

「マディナ・ジュメイラ」のホテル

古き良きアラブの街並みをモチーフした複合型高級リゾート「マディナ・ジュメイラ」
このマディナ・ジュメイラがある一帯はジュメイラグループが開発したホテル群が立ち並び、その中には7つ星ホテル「バージュ・アル・アラブ」もあります。間違いなくドバイで最も高級ホテルが並ぶ場所と言っても過言ではないです。

敷地内はとても上手く世界観が作り出されています。
緑豊かな広大な敷地内には運河が通っており、そこを通っているアブラ(水上バス)で各施設やホテルに移動できます。ホテル以外にも伝統的な市場「スーク・マディナ・ジュメイラ」を始め、スパ、屋外円形劇場、プール、プライベートビーチ、複数のレストランなど様々な施設がありますが、ホテル敷地内は宿泊客かレストラン予約者しか入ることはできないので、滞在者はゆったり流れる時間を存分に楽しむことができます。

同一の敷地内には3つのホテルが存在します。
「ミナ・アッサラム」
「アル・カスル」
「ダル・アル・マシャフ」

同じマディナ・ジュメイラのホテルですが、
同一の敷地内ではないホテルが1つ存在します。
「アル・ナシーム」

これらはどれも特徴的でそれぞれ異なったコンセプトを元に作られています。基本ベースとして、アンティーク感が溢れるアラビックテイストのインテリアで統一されており、そこに各ホテルのコンセプトを元にした味付けがなされている感じです。各施設は自由に行き来ができます(ダル・アル・マシャフの一部エリアは除く)。

誰が訪れても間違いなく最高の体験ができる。
それが、このマディナ・ジュメイラです。

ジュメイラ・ミナ・アッサラム


古き良きアラビアの街並みをモチーフした複合リゾート施設「マディナ・ジュメイラ」内にあるホテルの1つで、「平和の港」という意味をもつ敷地内の運河沿いに広がるアラビックテイスト溢れるホテルが、この「ミナ・アッサラム」です。

ホテルクラス:5つ星
部屋の広さ:50㎡〜

落ち着いたアラビックなアル・カスルの様な「豪華さ」ではなく「トラディショナル」な雰囲気があり、マディナ・ジュメイラ内のホテルでは最も落ち着いた雰囲気があります。

ホテルの前には「港」をイメージした大きなクリーク(運河)があり、ここから出て運河を行き交うアブラ(渡し船)や、運河沿いに併設されるように建ち並ぶレストランを対岸から見る姿は、ここが正に「平和の港」たと思わせる景色があります。

2015年に客室の全面改装と隣接する「ジュメイラ・アル・ナシーム・ホテル」の建設工事が終わったので、敷地内で最も新しくリーズナブルなホテルとしてより存在感と魅力が増したと言えます。

個人的に、エントランスホールのバルコニーから見える景色がオススメです。眼前に現れる巨大な姿にアラビックなこのホテルのコントラストがとても素晴らしく、私が2008年に初めてドバイに訪れたときの最もインパクトがある景色がココでした。

あと、マディナ・ジュメイラ内のホテルに宿泊すると、朝食は指定する施設内の4箇所で好きに食べることができます。その中でこのミナ・アッサラムの1階のレストランが一番料理の種類も多く座席数も多かったです。(一番豪華なのはアル・カスルの1階レストランですね)

ミナ・アッサラム・マディナ・ジュメイラの宿泊料金一括比較はコチラ

ジュメイラ・アル・カスル


古き良きアラビアの街並みをモチーフした複合リゾート施設「マディナ・ジュメイラ」内にあるホテルの1つで、「宮殿」という意味をもつ最も大きくて豪華なリゾート内の中心的存在のホテルが、この「アル・カスル」です。

ホテルクラス:5つ星
部屋の広さ:55㎡〜

統一された豪華なアラビックテイストと随所に散りばめられている演出に、滞在者は「ドバイの高級リゾートに来た!」と間違いなく感じる様になっています。
とにかく私が「豪華な高級リゾートにゆったり滞在したい」という相談を受けた場合、まずココを一番にオススメするぐらいに素晴らしいホテルです。

実は、このホテルのロビーラウンジのバルコニーから眺める景色は、ドバイ屈指の撮影ポイントと言えます。バージュ・アル・アラブとマディナ・ジュメイラの全景を見るなら、ここが一番気軽に誰でも楽しむことがでる場所は間違いなくココです。

特にサンセットタイムがオススメです。夕暮れ時から夜へと移り変わる姿は、とてもキレイです。ドリンク1杯でゆったり滞在してみてはいかがでしょうか。

この敷地内のホテル全てに滞在した私の経験上、最も豪華できらびやかで、言うなれば「分かりやすい豪華さ」は、このアル・カスルが一番だと思っています。

アル・カスル・マディナ・ジュメイラの宿泊料金一括比較はコチラ

ジュメイラ・ダル・アル・マシャフ


古き良きアラビアの街並みをモチーフした複合リゾート施設「マディナ・ジュメイラ」内にあるホテルの1つで、「夏の別荘」という意味を持つ、離れをイメージしたアラビア伝統様式のヴィラタイプが、この「ダル・アル・マシャフ」です。

ホテルクラス:5つ星
部屋の広さ:60㎡〜

緑あふれる敷地内に点在するプライベート感溢れるヴィラは、とても静かでゆったりと過ごすことができます。ここはダル・アル・マシャフ滞在者しか入ることがでません。

ヴィラとホテル(アル・カスルやミナ・アッサラム)までの距離はありますが、基本的にバギーで送迎をしてもらえますので、荷物を持っている時や、ヴィラが遠い場所にあっても安心して移動できます。勿論、自分で敷地内を歩いて行くこともできます。

また、ヴィラごとに専門のバドラーが付いているのも特徴です。
送迎のバギーの手配や、運河を行き来するアブラ(渡し船)の手配や、チェックアウトや、滞在中の要望等は全てヴィラ内のバトラーに伝えて行ってもらえます。

この敷地内のホテル全てに滞在した私の経験上、最もこのマディナ・ジュメイラの雰囲気を楽しみ、存分に利用できるホテルは、このダル・アル・マシャフが一番だと思っています。

ただ、立地の関係上、涼しいシーズンに滞在を強くオススメします。
バギーでの移動があると言えども、真夏の移動はさすがにキツイです。特に女性の人はバッチリ決め込んでも、移動中に汗で崩れてしまう事も十分にあります。
(実際にそういう話を貰いました)

ダル・アル・マシャフ・マディナ・ジュメイラの宿泊料金一括比較はコチラ

ジュメイラ・アル・ナシーム・マディナ・ジュメイラ


2015年12月1日にオープンした、マディナ・ジュメイラで最も新しいホテルです。
モダンスタイルなこのホテルは、アラビックスタイルが主の他のマディナ・ジュメイラ内のホテルとは、一線を画している存在と言えます。

ホテルクラス:5つ星
部屋の広さ:50㎡〜

大きなプールを取り囲むように建てられる低層階のホテルは、アラビック様式と地中海のリゾートを融合させた、とてもリゾート感溢れるホテルとなっており、ベージュを基調としたモノトーン調のインテリアは、「豪華な高級感」というよりは「シンプルな高級感」という、正に大人の雰囲気が漂うホテルと言っても過言ではないです。

また、「水」までの距離がマディナ・ジュメイラのホテルの中で一番近いので、ホテルの雰囲気とも相まって清涼感が漂うホテルとなっています。

そして、このホテルも隣接するウォーターパーク「ワイルド・ワディ」には宿泊客は無料で無制限に利用なので、お子様連れファミリーにはありがたいサービスです。勿論、大人でも楽しめます。

高級感がありながらも、カジュアルに過ごしたいという人は、
高級感がる部屋に滞在したいが、あまり肩肘張らずカジュアルにホテルライフを過ごしたいという人には、この「ジュメイラ・アル・ナシーム・ホテル」はオススメのホテルと言えます。

ジュメイラ・アル・ナシーム・ホテルの宿泊料金一括比較はコチラ

まとめ

ビーチエリアのホテルは、ブルジュ・アル・アラブは言わずと知れたホテルなので、「ココに泊まる!」という目的で滞在を決める人ばかりだと思います。

それ以外の場合、かなり迷うと思いますが、正直、その時の宿泊料金とご自身の趣向で選べばいいと思います。どのホテルもドバイで最も評価が高いホテルばかりなので、どこに滞在しても間違いなく最高の体験になるでしょう。

そこで、もし私が相談を受けた場合、
相談内容別でオススメするホテルは次のようになります。

家族連れなら
「ジュメイラ・ビーチ・ホテル」

豪華リゾートを体験なら
「アル・カスル」

ゆったり静かにリゾート満喫なら
「ダル・アル・マシャフ」

気軽にリゾートを体験なら
「ミナ・アッサラム」

「ドバイの象徴と優雅なリゾートライフ」とお考えなら、このマディナ・ジュメイラ内のホテルで間違いはないです。

以上が、ドバイのビーチエリアにあるおすすめホテルでした。

ちなみに、私が初めてドバイを訪れた時に滞在したのが、このマディナ・ジュメイラ内のミナ・アッサラムとアル・カスルでした。2つとも申し分ないホテルで大変満足しており、初ドバイの最高の思い出となっています。

マディナ・ジュメイラ内の3つのホテルの比較記事がありますのでご参照下さい。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)