灼熱のドバイを快適に観光!ドバイ国際空港で8時間以上乗り継ぎがあった場合の市内観光プラン

灼熱のドバイを快適に観光!ドバイ国際空港で8時間以上乗り継ぎがあった場合の市内観光プラン

先日、友人からメッセージが届きました。

内容は「この夏にヨーロッパ周遊に行ってくる。いいでしょ〜」

という感じのものでした。

「この夏ヨーロッパに行く」
「今回エミレーツ航空で行く」
「安い便だと乗り継ぎが約8時間ある」
「ついでにドバイも観光したい」
「セレブな体験したい」
「オススメあれば教えてー」

という内容でした。

夏にドバイか・・・
しかも乗り継ぎでの滞在。

若干シンドいかも・・・と思いながも
「そーいえば、ドバイの観光について一度も書いてなかったな」と思い、この機会に初めて書いてみることにしました。

事前の情報

まず、プランを組むに当たり、いくつかの必要な情報があります。

・フライト情報
・到着する曜日
・手荷物の有無
・目的

最低限、これらが分からないと適切なプランが組めません。特にフライト情報は一番大事なので、この内容によってはプランがガラリと変わってしまいます。
下手すると「空港で大人しくしててな」となります。

では、さっそくプランを練ってみます。

スポンサーリンク

フライト情報

まず、現時点で分かっている事。

[ドバイ到着時間:6:15]
[ドバイ出発時間:未確定]

最終目的地が現時点で決まっていません。
(候補はある程度絞っている様です)

今回のフライトは「羽田発:EK313」
羽田出発が0:30でドバイ到着が6:15

これは正直助かったと。
何故か?もしこれが成田便や関西便なら、到着がもう少し早い到着になります。
あまり到着が早いと、店が空いてないので、観光もクソもないんだよね(苦笑)

そして、乗り継ぎ時間が現時点では分からない。
ま、エミレーツ航空の遅めの欧州便は14時台~15時後半が多いので、それに搭乗すると仮定すると、乗り継ぎ時間は約8~9時間。結構余裕があります。

それを基に組んでいきます。

窓側席に座るならオススメは?

ここで1つアドバイス。

ドバイ国際空港発着便を利用する時は、もし窓側の席に座るなら
到着時は必ず「右側の窓側(Aではない座席)」、出発時は必ず「左側の窓側(Aの座席)」の座席を選びましょう

理由は、ブルジュ・カリファを含んだドバイの街並み(夜景)が見れるからです

窓側の座席に座るという事は、少なからず窓からの景色を楽しみにしているという事だと思います。なので、見るなら少しでも良い景色の方がいいですよね。

ちなみに、逆側はシャルジャの方角ですので、いたって普通な景色が広がってます。

なので、必ず
到着時は必ず「右側の窓側」
出発時は必ず「左側の窓側」

の座席を選びましょう。

到着の曜日と手荷物の有無

・到着日は金曜日かそれ以外か?
・荷物は全て預入かそれとも機内に持ち込み?

到着日が金曜日の場合。メトロが早朝からは動いてませんので、移動はタクシーに限られてきます。

今回は、金曜日以外だったので問題なくメトロは使えます。

荷物が全て預入なら、鞄1つで気軽に移動できます。
もし、機内持ち込みの手荷物があるなら、それをガラガラ引っ張っての移動となるので、移動が制限されしまいます。

もし、ドバイに限らず途中降機して観光をする予定なら、荷物は預入することを強くオススメします

渡航時期と目的

ドバイは「時期」がとても重要です。

とにかく夏は蒸し暑いので行動が制限されます。
それ以外の涼しい時期は色んな選択肢が提示できます。

夏の時期なら・・・「屋内一択」でしょうね。
この後にフライトが控えているので、必要以上に無意味な消耗は避けるべきだと個人的にも思ってます。

一応、本人たちの希望は・・・

・暑いのはイヤだ!
・「これぞドバイ!」を味わいたい
・「セレブー!」な体験をしたい
・効率的に周りたい
・あまり疲れたくない

と言った内容です。

機内食は多分あまり食べないとの事なので、食事はドバイ市内で取る方向で行きます。

「ホテルde優雅な朝食と世界一を巡る」

私が提案したプランは以下の通りです。

・ダウンタウンへ移動
・パレス・ダウンタウン・ドバイで朝食
・ドバイ・モール散策
・ブルジュ・カリファの展望台
・(マディナ・ジュメイラへ移動)
・(アル・カスルでお茶)
・ドバイ国際空港へ移動

“()”で括ってあるのは、時間の関係で割愛する箇所です。ドバイ・モール散策に時間を割きたい場合に削る予定です。

ダウンタウンまで移動

素直に空港からタクシー使うのが一番です。最短最速で行けます

ただ、タクシーは現地通貨(AED)しか使えませんので、到着時に空港で両替しておいて下さい。また、ピンク色の「女性専用タクシー」は通常のタクシーと比べて高めの料金設定になっています。

[メトロを使いたい場合]
羽田便到着の頃には既にメトロは動いています。
そのメトロで「ブルジュ・カリファ/ドバイ・モール」駅まで移動します。

メトロからドバイ・モールまでは直結されていますが、結構な距離がありますので、オススメはドバイ・モール方面の出口(ちょうどモールの案内がある右手側)から外に出ると、メトロ出入口付近にタクシーがいます。

そのタクシーを拾って、パレス・ダウンタウン・ドバイまで行ってください。

ドバイ国際空港からパレス・ダウンダウン・ドバイまでは15〜20分です。

8時頃までに到着がベストですね。

「パレス・ダウンタウン・ドバイ」で朝食

ホテルの朝食は、普通に料金さえ払えば誰でも食べることができます。

私のオススメは「パレス・ダウンタウン・ドバイ」の朝食です。

朝食のスタイルは「ビュッフェ形式」。
アラビックな雰囲気溢れるホテル内で、ブルジュ・カリファを眺めなら食べる朝食は、格別だと思います。

滞在時間の目安:1時間〜1時間半

「スーク」を抜けて「ドバイ・モール」へ

ゆっくりと朝食を取った後には、「スーク・アルバハール」と「ドバイ・モール」へ向かいます。

「スーク・アルバハール」
パレス・ダウンタウン・ホテルと直結している、アラビックなスーク(市場)です。ここには色んなアラビックなお土産が売っています。見ているだけでも楽しです。
※時間的にあまり開店してないです。

「スーク・アルバハール」を通り抜けると「ドバイ・モール」まで行きます。
多分、時間的に開店時間の10時にはなっていないと思います。

が、全然大丈夫です。無視して入って下さい。普通に入れますから。

ドバイ・モールは開店時間より前から入れるんです。
ドバイでは日本と違い、きっちりと「全店10時に全店開店」というのではなく、早くからやっている店もあります。

特にドバイ・ファウンテン側の1階にあるレストランやカフェは早くからやっています。
また、4階のフードコートも開いてる店はあります。
しかも「ブレックファスト・メニュー」がある店もあります。勿論、フツーに食べれます。

なので、観光(?)がてらドバイ・モールに行って朝食を食べるのもアリかと思います。
パレス・ダウンタウン・ドバイより気軽に食べれますしね。

「ブルジュ・カリファ」の展望台「At The Top」

次は、世界一高い建物「ブルジュ・カリファ」の展望台に登ります。

展望台に登る場所はドバイ・モール内にありますので、スーク・アルバハールからドバイ・モールに入ったら、そのまま左方向に歩いて行けば一番奥に「At the Top」と書いた入り口があります。

ここで1つアドバイス。
このブルジュ・カリファの展望台、絶対に前売券を購入して下さい!当日券は前売りの4倍します
誰でも事前にインターネットで申し込めますので、登りたい方は必ず事前購入して下さい。

展望台への入場は、予約時間の30分前から可能ですので、早めに行く方をオススメします。
時間は時期によって違いますので、詳細は公式サイトをご覧ください。
「At the Top Burj Khalifa」の公式サイトはコチラ
今回は10時が一番早い時間なので、10時で予約する事にします。

展望台に上るには、セキュリティチェックがありますので、意外と登るまでは時間がかかりますが、降りるのは結構あっさり降りれます。

滞在時間の目安:30~40分

「ドバイ・モール」を散策

世界一の床面積を誇る巨大モール

買い物好きには堪らない場所でしょうね。

その前に、ここが「分岐点」になります。
「ドバイ・モールをしっかり見るか否か」

【しっかり見る場合】

ドバイ・モール以外は諦めて下さい。
他に行くのには時間的に無理があります。

ドバイ・モールはとても大きくて広いモールですので、ハッキリ言ってほんの数時間では全然見きれません。正直、迷う可能性が高いです。舐めてかかると痛い目にあいます。

他の場所へと欲張ると、時間的に微妙になるどころか、時間がなくて焦る事になります。

滞在時間は2時間は余裕で滞在できます。
ドバイ・モールからドバイ国際空港まではタクシーで約20分です。

【しっかり見ない場合】

さら~っと流し見をしながら、ドバイ・モール内のタクシー乗り場まで移動して下さい。
場所はGround Floor(2階)の「スケートリンク」近くにありますので、ここを目指していくと間違いはないでしょう。

それ以外にも、ちょうど「人がダイブしている滝」の辺りでもあるので、他のフロアなら「スケートリンク」よりも、こちらを目指す方が分かりやすいと思います。

「At the Top」にどれぐらいいたかにもよりますが、ドバイ・モールの滞在時間は40分~1時間ぐらいが目安かと思います。

次の目的地の「マディナ・ジュメイラ」までは、タクシーで15〜20分ぐらいです。

もし、この時点で12時頃になっている様でしたら、次は諦めて下さい。時間的に無理です。

「7つ星ホテルとマディナ・ジュメイラ」

「優雅な」というなら、次はドバイが誇る7つ星ホテル「ブルジュ・アル・アラブ」でしょう。

と行ってもブルジュ・アル・アラブには行きません。ここは外から見るほうがいいので、眺めのいいスポットに行きます。

私のオススメは「アル・カスル」のロビーラウンジの「Al FAYROOZ」です。

ここのテラス席からは、ドバイの人気高級リゾート「マディナ・ジュメイラ」と「ブルジュ・アル・アラブ」が一望できるます。

朝食を食べた後なので、ここでは軽くお茶程度でいいと思います。
決して欲張らない様に。結構量もありますし。

もし、時間があまり無い場合は、無理に注文はせず、そのままロビーラウンジのバルコニーへ出て景色だけを堪能して下さい。

ここで必ず守る事。

それは「フライトの2時間前には必ずココを出るようにして下さい」

ちなみに、ここからドバイ国際空港まで約50分かかると思って下さい。
この時間帯なら、多分40分ぐらいで行けるでしょう。

アル・カスルにはタクシーがいますので、躊躇なくタクシーを使いましょう。
※ホテルハイヤーは高いので、パブリックタクシータクシーを使って下さい。

滞在時間の目安:〜30分

ドバイ国際空港到着

エミレーツ航空は「ターミナル3」なので、必ず何ターミナルかを伝えましょう。
(多分、ドライバーがターミナルを聞いてきます)

空港に到着したら、真っ直ぐにイミグレに向かって下さい。

日本を出発する時に、全行程の航空券を貰っているハズなので、そのままイミグレ向かっても大丈夫です。

万が一、航空券を貰ってなかった場合はチェックインカウンター(またはセルフチェックイン機)で必ず発券して下さい。

まとめ

正に「ドバイのいいとこ取り」です。

時間配分がちゃんとできれば、結構オススメなコースだと思います。
夏の蒸し暑さはほとんど感じず「セレブな体験」も出来てると思います。

組んでみて思ったのが、
「意外と時間的にタイトだったか?」

ひょっとしたら、ドバイ・モールからマディナ・ジュメイラはドバイ国際空港へ行く場合、結構時間的にしんどいかなと思ったりもしました。

マディナ・ジュメイラには行かず、空港にほど近い「ドバイ・ミュージアム」に行って、過去と現在のドバイの違いを楽しんでもらうというのもいいかなと思ったけど、本人たちは「マディナ・ジュメイラの方がいい!」との事だったので、このプランにしました。

実際に行くのは7月なので、それまでもう少しプランを練ってみようかなとも思います。

スポンサーリンク