確実に「買い」!!MacBook 2017年モデルは「発表は地味」だが「進化は派手」だった!!

確実に「買い」!!MacBook 2017年モデルは「発表は地味」だが「進化は派手」だった!!

先日開催された「WWDC 2017」
その中で、私が個人的に一番嬉しかったのは、MacBookのアップデート内容でした。

12インチ型MacBookが登場して2年。
昨年は僅かなアップデートに留まり、MacBookを待ってた人は発表に肩を落としたのではないでしょうか。私もその1人でした。

そして今回。2016年モデルとは打って変わり、2017年モデルは想像以上のアップデートとなりました!
事前の情報や噂はほとんどない状態だったので、これを待ってた人にとって、その分喜びは大きかったのではないでしょうか。

MacBook 2017年モデルの魅力

一番の魅力は、何と言っても軽さとコンパクトさ。あの携帯性を一度味わったら、他のPCが重ったるくてたまらないでしょう。

ただ、それを実現するために、スペックがどうしても犠牲になっていました。
この犠牲にされたスペックが、購入を見送る一番の理由だという人は結構いたとおもいます。私のその1人でした。特にハードな使用をする事はないですが、あのスペックは・・・ちょっとなぁ~って感じでした。

だが今回、遂にその問題の「スペック」が大幅に上がったので、今まで購入を見送ってた人は勿論の事、それ以外の人にも、オススメできる素晴らしい端末になってます。

スポンサーリンク

2016年モデルと2017年モデルの比較

で、「スペックが大幅に上がった!」と言われても、どこがどう上がったの?って感じかと思います。なので、2016年モデルとの比較表を作ってみました。
※内容は基本構成になっています。

2017年モデル 2016年モデル
ディスプレイ 12インチ Retinaディスプレイ、2,304×1,440ピクセル解像度、226ppi
CPU 1.2GHzデュアルコアIntel Core m3 1.3GHzデュアルコアIntel Core i5 1.1GHzデュアルコア Intel Core m3 1.2GHzデュアルコア Intel Core m5
メモリ 8GB 1,866MHz LPDDR3オンボードメモリ 8GB 1,866MHz LPDDR3オンボードメモリ
GPU Intel HD Graphics 615 Intel HD Graphics 515
ストレージ 256GB 512GB 256GB 512GB
バッテリーと電源 最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
最大12時間のiTunesムービー再生
最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
最大11時間のiTunesムービー再生
拡張性 「Type-C」USBポート(USB 3.1 Gen 1)
キーボード 第2世代バタフライキーボード 第1世代バタフライキーボード
カメラ 480p FaceTimeカメラ
サイズ 高さ:0.35〜1.31 cm、幅:28.05 cm、奥行き:19.65 cm
重量  0.92kg
価格 142,800円~ 175,800円~ 128,800円~ 158,800円~

「iMac Pro」や「iPad Pro」、「HomePod」の衝撃的なハードウェア発表ですっかり目立たなくなってしまった12インチ型MacBookの新モデルだが、実はユーザーがかなり恩恵を受けるようなアップデート内容となっている。

CPUは遂に「Core i」搭載

今回の一番の目玉はCPUです。
何と、「Core m5/m7」ではなく「Core i5/i7」も選択可能になりました!

これでやっと戦える!

さすがに「Core m5/m7」は心もとないのもあるけど、あの金額を出して「Core m5/m7」は、正直ちょっとなぁ~って個人的に思ってました。

勿論、今回のCPUは、Intelの第7世代プロセッサ「Kaby Lake」にアップグレードされています。その結果、2016年モデルの「Skylake」より約20%の性能アップしたとされてます。

なお、「Core i7」を搭載したい場合は、オプションとして変更可能になっています。

MacBookのCPUが「Core i」シリーズになった事で、今まで以上に快適になる事は明かであり、それ相応のパフォーマンスが体感できるのではないでしょうか。

ディスプレイの出力性能も改善されている様です。

メモリは16GBで快適な環境へ

今までは8GBが最大でしたが、今回から16GBも選択可能となりました。

何気に私自身一番の驚きは、この16GBが搭載できるようになったことです。正直、CPUが「Core i」搭載はある程度予想は出来ると思いますが、このメモリが16GBになった事は、ある意味CPU以上に嬉しかったです。

もう、これでパフォーマンス低下に苦しむことは少なるなりそうです。

メモリが最大16GB搭載することが可能に、SSDも50%高速化

あと、SSDが50%高速化されたことも合わさり、大幅に処理速度の向上が期待できます。2016年モデルまではもたついてた作業が、驚くほど快適になり、ユーザーからの不満もこれで解消されるのではないでしょうか。

あの堅いキーボードともおさらば

実は私、スペック以上に気になっていたのが、この「キーボード」です。

今回から「MacBook Pro 2016」に搭載された「第2世代」のバタフライ構造キーボードにアップデートされたんです。これは従来の「第1世代」(MacBookに搭載されてたもの)よりもキーストロークが深くなったので、今までより深くまで打ち込むことが可能になりました。

あの堅めでキーストロークがほぼ無いキーボードは、文字を入力していると、私の指との相性か、打ち方のせいか指先が痛くなってきてしまってました。

それが原因で、今年の初売りで購入したMacBookを返品してます。

これで、あの独特の「堅い板を叩いている」様な感じは随分と薄れてきたのではと思います。

その他

「CPU」「メモリ」「キーボード」
この3つ以外は特に目新しい箇所はありませんが、地味にiTunesムービー再生時間が1時間伸びていることぐらいかな。

逆に、この3つでお腹いっぱいです。
それぐらい満足がいくアップデート言えます。

※「Type-C」USBポートがもう1つあったらなぁ~

たった1つの不安

ここまで「大絶賛」的な内容を書きましたが、1点だけ不安な事があります。

それは「排熱問題」です。
CPUが「Core i」になった事で、処理速度が向上するのは容易に想像できますが、その反面、発熱も今までより出ると思います。まぁ、付加をかけなければ問題はないとは思いますが・・・

まとめ

今回の「MacBook」2017年モデル。
軽さとコンパクトさを重要視し、なおかつパフォーマンスも犠牲にしたくない(更に見た目もこだわる)という欲張りな人にとって、間違いなく最良の選択と言っても過言ではない。

それぐらい、今回のアップデートは「素晴らしい内容」と言えます。

・CPUの性能アップ
・メモリの最大搭載数アップ
・ストレージの高速化
・第2世代バタフライキーボードへ進化
・GPUもアップグレード

もし、マイナス要因を強いて揚げるなら挙げるなら「価格が高くなった」ことぐらいかな。

勿論、付加がかかる作業がメインの用途なら、いくら以前のモデルに比べて大幅な性能アップしているといっても、このMacBookはオススメはできないです。

その場合は、素直に「MacBook Pro」を購入した方が幸せになれるでしょう。

当然ですが、ご自身の用途やライフスタイルによって選択は変わります。

どれが自身とマッチしているのか?
そこから最適なマシンを選ぶ。

これが一番だと私は思います。

スポンサーリンク